トラックの運転ができなくても配送業をすることができます。それがルート配送です。自家用車を用いて決められたルートと業者のみを行き来する配送業で短期バイトの募集もしています。そんなルート配送ですがどのようにして応募すればよいのでしょう。

応募方法

求人情報を掲載しているサイトにルート配送の求人が掲載されています。短期バイトなど形態は様々ですが応募したいのであれば内容は必ず確認が必要です。そんなルート配送の求人ですが応募するにはどのような方法があるのでしょう。

求人サイトを経由して応募する

ルート配送の仕事を求人サイトを経由して応募する場合には、希望条件に合う企業をスムーズに探すことができ、就職活動の手間を省けるといったメリットがあります。特に、運送業界の求人掲載数が多いサイトは、幅…

Learn more

初心者でもできる?

バイトや就職先のひとつとして、ルート配送の仕事というものがあります。ルート配送の仕事は免許があれば誰でもすることが出来るので、比較的応募もしやすい仕事なのではないでしょうか。ただ、注意したいのが免…

Learn more

雇用形態はどうなっているの?

ルート配送業務を行っている運送会社での雇用形態は仕事に対する考え方で変わります。最も待遇が良いとされるのは正社員ですが、その一方で仕事への責任も重く、場合によっては他のドライバーのスケジュール管理…

Learn more

必要資格

資格不要!ルート配送の働き方

一口にドライバーの仕事と言っても種類によって必要となる資格から仕事内容まで大きき異なります。中でも資格不要で初心者向きと言われるのがルート配送のドライバーです。ルート配送とは文字通り予め会社から指…

Learn more

持っていれば有利な資格とは

ルート配送の仕事は単に車両を運転するだけではなく、荷物の積み下ろし作業も併せて行う必要があります。扱う荷物が少量であれば手作業でも十分ですが、パレット積みの荷物や建築資材などはフォークリフトを使わ…

Learn more

経験者が優遇されるルート配送とは

時間指定が厳しい仕事は経験者が優先的に就く傾向がある

ルート配送の仕事は指定された目的地に荷物を届けるので、運送業の中では決して難しくはありません。しかし、その多くは特定の時間に届くように指定されているため、目的地までの距離と移動に要する時間を考慮して仕事に従事する必要があります。常に最短ルートで移動できるとは限らないので、余裕を持った運転スケジュールを組むことが大切です。そのため、ルート配送の経験が豊富なベテランドライバーほど、時間指定が厳しい仕事を回される傾向があります。時間が指定されている配送は早すぎても遅すぎてもいけません。依頼者が指定した時間にぴったり合わせて到着できる技能が要求されるので、経験を積んでいるドライバーが重宝されるのです。

道路事情が良くない区域の仕事は経験者向け

ルート配送の仕事は目的地まで時間通りにたどり着く必要があります。場合によっては迂回したり裏道を通るなど、正規のルートとは異なる道筋をたどることになるので担当区域の道路事情に詳しくなければいけません。また、工事や事故などの理由で大きく迂回する必要もあります。大雨や積雪など天候の変化によって道路事情が悪くなるケースもあるので、様々な状況を想定して最善のルートを選択できるようにしておくのが優良ドライバーの条件です。しかし、道路事情が良くない区域で迅速に仕事をこなすにはそれなりの運転経験が要求されます。特にルート配送は時間指定の仕事が多いことから、道路の構造が複雑な区域は運送業の経験者に最も向いていると言えるのです。